コーヒーの美味しい店・自家焙煎スペシャルティ珈琲専門・すぎた珈琲・道の駅店

コーヒーの美味しい店・ドリップを実演販売しながら、道の駅カフェ情報を、平群町からお届けする、駅ナビライブ。すぎた珈琲マスター、道の駅カフェライフ。コーヒーブログとYouTubeで、平群道の駅の事をお伝えします。

コーヒーフィルター金属製のメリットデメリット

f:id:sugitacoffee:20181005200005j:image

あべのハルカスでこんなのを見かけました。

 

金メッキされた、コーヒーフィルターです。

 

値段は3000円でした。

 

いつから、こういった商品が出回っているのかわかりませんが、金メッキフィルターはもともとはプロのカッパーが珈琲豆の評価を正しくするために使う道具でした。

 

金メッキフィルターにかかわらず金属フィルターはコーヒー豆の味がもろに出ます。

 

それこそ美点も欠点も分け隔てなく全部出ます。

 

だからこそ、コーヒー豆を正しく評価して、コーヒーの価値を決めるカッパーが愛用しているわけですね。

 

美点も欠点もそのまま出るので、抽出された珈琲の味は、ペーパーやネルと比べるとかなり落ちます。

 

ただ、カフェオレやカプチーノなどの牛乳を混ぜる場合だけは別で、ミルクの脂肪分が珈琲の油脂分やエグミを中和してくれるので、ミルク珈琲にする場合だけは、金属フィルターに軍配が上がります。

 

金属フィルターでは珈琲は美味しくならない

よく勘違いされている人がいるのですが(プロも勘違いしている人が多い)金属フィルターというものは、決して珈琲を美味しく入れるための道具ではないという事です。

 

金属フィルターはあくまで、コーヒー豆を正しく評価するためのツールであって、コーヒーの欠点を取り除いて、美味しい成分だけを取捨選択するためのツールではないという事です。

 

フレンチプレスを推薦している珈琲豆屋さんが結構いますが、正直意味が分かりません。

 

私達、特に天才バリスタのネコママは、決して金属フィルターで珈琲をドリップしませんし、飲みません。

 

単純に美味しくないからです。

 

金属フィルターを推薦している、自家焙煎業者は余程、味覚かセンスが悪いのでしょうかね?