コーヒーブログ専科

珈琲に関するお客様からの質問にお応えする、珈琲専門ページです。

コーヒードリップ 温度は何度にすればいい?一番おいしい珈琲の適温は?

f:id:sugitacoffee:20181025142437j:plain

 

こんちは! 焙煎士ブロガー、すぎた(@sugitacoffee )です。

 

食べ物にせよ、飲み物にせよ、飲食物には最適な温度ってものがあります。

 

また、食品を加熱する時も、最適な火加減ってものがあります。

 

例えば、珈琲でいうと、”カプチーノ” の最適な温度は50℃くらいです。

 

一方、”ホット珈琲” の最適な温度は65℃くらいです。

 

同じ、”珈琲ドリンク” なのになぜこんなに違うのでしょうか?

 

今回は各食品をお出しする時の、最適な温度は何℃?っていう謎に迫って行きたいと思います(^_-)-☆

 

珈琲抽出の適温は85℃?

 

皆さん、ドリップする時のお湯の温度って測ったことありますでしょうか?

 

書物などに載っている物をサクッとみると、大体ドリップに使うお湯の温度は、85℃くらいが良いってな具合で、計ったように書いています。

 

一体この温度の根拠はなんなのでしょうかね?

 

当方もお客様にドリップの適温を聞かれたときは85℃くらいがいいですよと答えています。

 

しかしチョビット説明する時間がある時は、低温で抽出して、再度加熱する方が美味しくなりますよといいます。

 

ホット珈琲の適温

抽出と飲む時の温度は違う

 

お湯の温度で味は激変する

 

 実は85℃でドリップすべしという説明は、ちゃんとした理由があります。

 

それは、

酸味や苦み、カフェインの溶け出す分量が中庸で、バランスが取れた味わいになる温度が、85℃だからです。

 

また、都合のいいことに沸騰したヤカンから、ドリップポットにお湯を移すと大体85℃になり、でそのままドリップすると、お客様にお出しする時の珈琲の温度が、おおむね適温の70℃くらいになるって寸法です。(手間いらずって事ですね)

 

しかしながら・・・バランスが取れていると言うだけで、けっして美味しいという訳ではありません。

f:id:sugitacoffee:20181026101825j:plain

バランスが良い=うまいではない

 

ドリップの適温は55℃?

 

じゃあ、ドリップに使うお湯の温度はなんどがいいねん?となりますが、ズバリ55℃です。

 

ただ、55℃ピッタリにしないといけないの?と言う訳ではなく、60℃~50℃の間なら、おおむね大丈夫です。

 

で、めんどくさいですが、再度加熱して、飲む時に適温の65℃くらいにしてお客様にだします。

 

珈琲にせよ、その他の物にせよ(茶など)高温のお湯で抽出すると、カフェインを代表とする成分が沢山溶け出します。

 

また、逆に低温にすると、粒子の細かい成分だけが溶けて、粒子の荒いエグミが取り除かれます。

 

これが玉露などで使われる、低温抽出の技法です。

 

当方でも、ネコママは必ず、低温抽出で珈琲を抽出しています。

 

下の動画で名人のドリップテクニックが見れます。

 

 

 アチッ!それは痛いと言います

 

たまにホットをアッチッチにして、と言うお客様が来ます。

 

正直???となりながらも、とりあえず90℃くらいのアチッ!な珈琲にします。

 

 皆さん、舌も細胞ですよね。

 

味覚を感じる細胞を味蕾っていうんですが、味蕾が正常に働く温度ってちゃんとあって、65℃~5℃くらいです。

 

 要するに、

65℃~5℃から外れる飲食物は、味を正確に感じることができなく、それは単なる痛みとして認識される。

という事です。

 

 痛いのが好きって方もいるので、そんな嗜好を否定しませんが、舌はやけどしたくないな。。。

 

高温だけでなく、氷などの低温の物も同じで、かき氷などはドカドカ甘味料を加えないと、舌がマヒしているので味を感じることができず、結果、常識外れの量の砂糖を加えることになります。

f:id:sugitacoffee:20181026103141j:plain

冷たい物も程々に

 

健康的に飲食したいなら、65℃~5℃の間の物を、適切な味付けにして食べる事をお勧めします。

 

ミルクは低温・ホットは高温で

 

あと、冒頭で書いた、”カプチーノ” は50℃、”ホット” は65℃の理由ですが、ミルクは冷めにくいので、55℃以上の温度だと、舌を焼けどするからです。

 

60℃以上のカプチーノなど熱くて飲めませんw

 

逆にホットは70℃くらいでお客様にだしても、すぐに冷めるので、多少熱くてもススリながら飲めば大丈夫です。

 

こんな感じで、

お出しする飲食物によって、適温が変わるので、その辺も考慮しながらサービスすると、よりクオリティーが上がります。

 

以上で、コーヒードリップするときの適温と、飲む時の適温についての解説を終わりにしたいとおもいます。 

 

色んな珈琲を飲んで頂きたくて下のセットを作りました。よろしければ一度お試し下さい(^_-)-☆

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。<m(_ _)m>

 

 今回の記事はいかがでしたか?

 

◆日々、コーヒーや道の駅に関する記事を書いています。(たまに、日常の事も)

読者登録して頂けると、更新の励みになります。よろしくお願い致します(/・ω・)/

  f:id:sugitacoffee:20181021012813j:plain

 

◆Twitter始めました!ブログでは見れないネタもつぶやきますので、フォローお待ちしております!

 

 

◆読者の方からリクエストを募集しています。「珈琲に関して、こんな事知りたいな」と言う物がありましたら、コメント下さい。お待ちしております(=゚ω゚)ノ