珈琲と健康

コーヒーフレッシュの原材料はトランス脂肪酸という食品添加物

コーヒーフレッシュ

ホットコーヒークダサーイ

ミルクとお砂糖入れます?

フレッシュミルク?

これです(珈琲フレッシュ)

ノー。フレッシュミルクを

カフェ・オレデスネ

イエース。それそれ。

奈良市内のイベントに行くと、お客様の大半が外国人という事も珍しくありません。

珈琲の飲み方も日本人と違い、いろいろと勉強になります。

その一つが、欧米のお客様はまず、コーヒーフレッシュを使わないという事です。

コーヒーフレッシュの中身を知っている私達も、これを使うことは無いですが、日本のお客様は好き好んでコーヒーフレッシュを求めます。

今回はそんなコーヒーフレッシュに関して詳しく書きます。

コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸

コーヒーフレッシュって、トランス脂肪酸だよ

プラスチックみたいな物?

そうそう工業製品

欧米人はまず食べないよね

彼らは賢い。よく知ってる♡

サラダ油に絵の具入れた様な物とお客様に説明してる

虫も食べないよね~~~

人間って丈夫なんだねw

マクドナルドのパテ(パン)がいつまでたっても腐らないと一時話題になりました👇

私たちはまず、こういった食品添加物やトランス脂肪酸のたくさん入っている物は口にしませんが、ホット珈琲を注文されたお客様は高い確率でコーヒーフレッシュを望まれます。

私はミルク珈琲を望まれたときは、クリープかもしくはカフェオレにしてお出ししますが、お客様にどっちが良いのか選択して頂くと、大抵コーヒーフレッシュを選ばれます。

ポイント!

虫もつかない、いつまでも腐らない食べ物を長期にわたって食べると、いつか病気になってしまいます。(自分だけでなく、子供や孫まで)

(食品添加物関連記事👇)

食品添加物大国の日本

欧米人はコーヒーフレッシュまず使わないよね~~♡

日本人は何故平気なんだろ?

食品添加物とかプラスチック製品とか意識低いよね~

意識の問題なのかな?

テレビの見過ぎ

メディアに踊らされてる?

もっと賢くならなくちゃ❤

反省反省。。。

珈琲フレッシュやマーガリン、サラダ油などはいわゆるトランス脂肪酸と呼ばれている物です。

工業的に作られたトランス脂肪酸は、冠動脈性心疾患による死亡、突然死、および糖尿病にかかるリスクや、メタボリックシンドロームと診断される内臓脂肪の蓄積・脂質異常、高血圧、高血糖の数値を高める。トランス脂肪酸 – Wikipedia

工業的に水素化されたコーヒーフレッシュなどは、酸化による劣化が起こりにくくなります。

つまり、水素化された食品添加物のアブラを加えると食品は腐らなくなるのです。

ポイント!

食品添加物を加えていないパンやケーキは、常温で3日も放置するとカビが生えます。マクドナルドなどのハンバーガーがいつまでも腐らないのは、食品添加物を多量に使っているからです。

虫も食べないカビもしない食品

添加物食べるとお腹壊すよ

オレ結構平気~~❤

鈍感なんだね❤

ヘヘー丈夫、丈夫

いや、褒めてないし

・・・

そのうち病気になるよ❤

生活改めます・・・

アメリカでは、トランス脂肪酸をボイコットするためにデモまで起こりました。

その甲斐あってハンバーガーショップなどでは、トランス脂肪酸に変わる物を作るという事で協定が結ばれたのです。

ポイント!

日本ではトランス脂肪酸に限らず、遺伝子組み換え作物や、マイクロプラスチックの問題など、国民は余り問題意識を持っていないようです。

日本人は何故黙ってるの?

皆おとなしいですよね。

ダメじゃん。子供たちの口にいれるものでしょ。

ですよね。反省反省。

ボイコットしなくちゃ

ちょっと遅れてますよね

意識低すぎですね

まとめ

コーヒーフレッシュや食品添加物の事を見てきました。

子や孫の事まで考えないと

そうそう、自分の事だけじゃ済まされないんだよ

病院代の方が高くつくし

自然な食べ物を選んでね♡

日本人にうつ病が多いのも添加物が原因かもね。

(うつ病の原因について👇)

最後までお付き合いくださりアリガト♡

生活改めます・・・

(珈琲には牛乳かクリープ👇)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です