珈琲と健康

うつ病にコーヒーは効く?双極性障害に関するうつ病ブログ

うつ病コーヒー
珈琲マスター
珈琲マスター
最近知り合いにうつ病の人が増えてきてるんです。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
私の旦那も長年患ってます。なぜ鬱になるんですかね?
珈琲マスター
珈琲マスター
一番の原因は食べ物です。食品添加物と糖質が一番の原因です。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
食品添加物が悪いのね。

日本人はうつを患っている方が非常に多いです。

昨日も、双極性障害うつ病の旦那さんをお持ちの方が、珈琲豆を買いに来られて、うつの原因に関していろいろお話をしました。

何故日本人にうつ病が多いのかを、私の経験と色々な方との対話から導き出した結果、多い順に並べてみると

  1. ジャンクフード等食べ物が悪い
  2. 人間関係が濃密すぎる
  3. 情報過多
  4. 気圧の変動が大きい気候

大体上記のようなものが原因であると言う事で意見が一致しました。

珈琲のリラックス効果は、うつ病予防やうつ病発祥の抑止になります。少しでもうつの方やその家族の一助になればと思い、この記事を書かせて頂きます。

うつ病には珈琲が効く

珈琲マスター
珈琲マスター
コーヒーとうつ病の関係を検証したデーターとかあります?
うつ病専門医
うつ病専門医
アメリカとノルウェーの研究機関が、適度な珈琲常飲はうつ病軽減に効果があるとしています。
(下記参照)

甘味料なしでコーヒーやお茶を飲むと、うつ病のリスクが低くなり、砂糖や蜂蜜ではなく人工甘味料を追加するとリスクが高くなります。甘味飲料、特にダイエット飲料を頻繁に摂取すると、高齢者のうつ病のリスクが高まる可能性がありますが、コーヒーを摂取するとリスクが低下する可能性があります。(参照:米国国立医学図書館 国立衛生研究所)

うつ病専門医
うつ病専門医
研究を要約すると、珈琲を一日4.5杯飲んでいる方は、うつ病になる確率が概ね半分になります。
珈琲マスター
珈琲マスター
すでに、うつ病になっている人も、珈琲を一日4.5杯飲むと、自殺する確率が半減するそうですね。
うつ病専門医
うつ病専門医
逆に一日10杯近く珈琲を飲むと、うつの状態が悪くなるという結果も出ているので、うつ予防等の為に珈琲を飲む場合は一日4~6杯以内に収める方が良いでしょう。
珈琲マスター
珈琲マスター
何事も、過ぎたるは及ばざるが如しなんですね。

うつを発症する前の人も、すでにうつを発症している人も、一日4.5杯珈琲を飲むと、うつ病に対して効果を発揮します。

カフェインはうつに効くか?

うつ病専門医
うつ病専門医
実際にどんな成分がうつに効くのかというと、まずカフェインが挙げられます。
珈琲マスター
珈琲マスター
カフェインによる覚醒作用や、リラックスがうつに効果を発揮するんですかね。
うつ病専門医
うつ病専門医
しかし薬局などで売られている、結晶サプリメントのカフェインは避けた方がいいです。
珈琲マスター
珈琲マスター
サプリメントは効き目が早いけど、副作用も出ますからね。

うつの主要原因のジャンクフード(食品添加物)と同じで、純粋なカフェインは体のミネラルを消費しながら取り込まれるので、体を蝕みながら栄養を取るという矛盾した事になります。

食品添加物は鬱の原因になる食品添加物は鬱の原因になる
珈琲マスター
珈琲マスター
カフェインにせよ、他の栄養にせよ精製していない自然な食品を食べれば、それだけでうつ病を予防できるんですね。
うつ病専門医
うつ病専門医
うつ病の方に共通している事の一つは、幼少の頃から人工添加物たっぷりのお菓子や、砂糖漬けのスイーツ、人工香料入りの炭酸飲料を与えられて育ったことです。
珈琲マスター
珈琲マスター
自然界に存在しない人工物を食べ続けていると、ホルモンバランスが損なわれて精神疾患に罹り易くなるんですね。
うつ病専門医
うつ病専門医
あと、カフェインは神経を高揚させるので、取り過ぎは厳禁です。

珈琲の抗酸化物質は鬱に効く

珈琲マスター
珈琲マスター
コーヒーには強い抗酸化作用があるので、鬱に効きます。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
体が錆びついていく(老化)のを防いでくれるんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
抗酸化物質の1つはポリフェノールで、もう1つは珈琲アロマです。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
うつの原因の脳細胞の劣化を防いでくれるんですね。

淹れたてのレギュラー珈琲にはオレンジ3個分の抗酸化物質が含まれているので、一日一回新鮮なコーヒーを飲めば、精神疾患をかなり和らげてくれます。

うつ病専門医
うつ病専門医
珈琲は脳疾患を取り除いてくれるので、脳の病気のうつにはかなり効果を発揮します。
珈琲マスター
珈琲マスター
うつは脳の病気なんですね。
うつ病専門医
うつ病専門医
脳に対する過剰なストレスがうつの原因です。
珈琲マスター
珈琲マスター
精神的なストレス+食品添加物や糖質のストレスが脳にダメージを与えてるんだ。

コーヒーが脳に良い影響がある事は、下のブログをご覧ください。

珈琲と脳
コーヒーの脳への影響は?フェニルインダンの脳への効果コーヒーの香りは脳を活性化させ、α波という脳波を出させます。カフェインは脳血管の血流を改善し、トリゴネリンは脳腫瘍や脳梗塞、脳の萎縮を治す影響がある。フェニルインダンはアルツハイマーやパーキンソン病を予防する。...

珈琲でリラックスは鬱に効く

珈琲好きの母
珈琲好きの母
人を人足らしめているのは、コミュニケーションですけど、人間関係でうつになったりしますよね。
うつ病専門医
うつ病専門医
キャパシティーを超える過剰な人間関係はパニックやうつ病を引き起こします。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
珈琲の味や香りはリラックス効果があるんですよね。
うつ病専門医
うつ病専門医
コーヒーなどでリラックスすると、脳に良い物質が分泌されて、うつを改善します。

過剰な人間関係や、過剰な情報は脳を刺激しすぎてアドレナリン過多になり、うつを発症する原因になります。

珈琲好きの母
珈琲好きの母
過密な人間関係の緩衝材として珈琲を有効活用します。
うつ病専門医
うつ病専門医
近年インターネットの普及で誰でも簡単に、多量の情報に接する事が出来るようになりました。逆に処理しきれないほどの情報の波に、流されて精神を患う人が増えています。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
人の脳はコンピュータじゃないですものね。
うつ病専門医
うつ病専門医
コーヒーを飲んでリラックスすると同時に、不必要な情報をカットしてスローライフを送るのも良い選択肢だと思います。

コーヒーのリラックス効果に関しては、下の記事を読んで下さい。

コーヒーのリラックス効果
コーヒーのリラックス効果・珈琲の種類や香り、カフェインの効果コーヒーはリラックス効果がある。珈琲を飲むとアルファー波がでて深い瞑想状態と同じ脳波が出る。珈琲アロマでその効果が発揮される。...

気圧の低下でなる鬱は珈琲で予防する

珈琲マスター
珈琲マスター
日本は台風の国です。台風だけでなく、四季が明確に分かれていて気圧の変動も激しいから、脳の血管に負担がかかりますね。
うつ病専門医
うつ病専門医
気圧が変動する度に、神経・脳・血管に負担がかかり、うつなどの精神疾患に陥りやすくなります。
珈琲マスター
珈琲マスター
気圧が変動する雨や台風が来る前、また季節の変わり目に、あらかじめ珈琲を飲んでおくと、血管が収縮されて血流が改善されます。
うつ病専門医
うつ病専門医
気圧の変化と体調の変化を見極めて、珈琲を予防薬として取る事は非常に効果的な手段です。

日本は一年中、列島の上に雲がかかるような地形をしているので、低気圧が発生しやすく雨が降るたびに、毛細血管を拡張させて血管拡張性の片頭痛を発症させます。

珈琲好きの母
珈琲好きの母
雨が降るたびに片頭痛が起こって鬱になるの。
珈琲マスター
珈琲マスター
私は長年海外にいたので、日本の低気圧の強さは肌で感じています。日本人に鬱が多いのは低気圧のためでしょうね。
珈琲好きの母
珈琲好きの母
日本の女性のほとんどは、頭痛持ちだと思う。
珈琲マスター
珈琲マスター
低気圧が発生するたびに、うつや片頭痛を起こしている人は多いでしょうね。

カフェインの頭痛緩和効果に関しては、下の記事を読んで下さい。

コーヒー頭痛
コーヒーで頭痛は治る。トリゴネコーヒーの効果珈琲はカフェインとトリゴネリンが含まれているので頭痛に効く。頭痛は低気圧による血管拡張性が原因でカフェインは血流を促進する。...

珈琲は鬱に効く・まとめ

珈琲マスター
珈琲マスター
うつ病の根本原因は何だろうと、ずっと考えていて、原因はやはり幼少からの食習慣に問題があるのではと思っています。
うつ病専門医
うつ病専門医
自然界に存在しない食品添加物や、精製された食品、環境ホルモンがうつ病の根本原因です。
珈琲マスター
珈琲マスター
精製された食品は大抵白い色ですよね。つまり、白い砂糖・白い小麦・白いご飯。
うつ病専門医
うつ病専門医
精製された食品にはミネラルが入っていません。ミネラルが入っていない人工食品や冷凍食品を食べれば、脳に必要な栄養が不足します。

うつ病は脳の病気です。過剰なストレスや脳に必要なミネラルを取っていないために、脳が栄養不足に陥って悲鳴をあげているのです。

うつ病専門医
うつ病専門医
うつ病の治療は、過剰なストレスを遠ざける事と、脳に必要な栄養を積極的にとることです。
珈琲マスター
珈琲マスター
うつ病になる前に脳に必要な栄養を日ごろからとり、十分な休息を心がけて下さい。

脳に必要なサプリメントは下のリンクからご購入ください。

POSTED COMMENT

  1. dameningen-dame より:

    ウオー--!!
    去年この記事を読んでいればよかったです。。。(笑)

  2. 匿名 より:

    うつ病にコーヒーが良いとされる論文は確かにあります。
    しかし食品添加物がうつ病を引き起こすとされる科学的根拠が明示されていません。
    また自然由来の食品が良いと言ってますが、ジャガイモのソラニンや毒キノコなど自然由来の毒性のある物質はたくさんあります。

    そもそもコーヒーも焙煎の過程で発がん物質が発生しています。
    もっとも抑制効果の方が高いとされてるので問題視はされていませんが。

    一般に風聞されている情報と、科学的根拠のある情報を同列に扱うのは錯誤を招くのでいかがなものかと思います。

    それと、うつ病と双極性障害を同じものとして並べているようですがこの二つは別の病気になります。

    • 双極性ママ より:

      まぁまぁ、そんなに息巻かずにコーヒー飲んで落ち着いて。。
      とっても真面目な方なんですね。

  3. 双極性障害者、コーヒー業界関係者 より:

    匿名さんのいうとおりです。

    カフェインは、うつ病患者には良い結果をもたらしますが、双極性障害を患っている人には悪い効果しかもたらしません。

    なぜなら、カフェインは脳にアンフェタミンと似た刺激を与え、ドーパミンを増やし、躁状態、または軽躁状態に入りやすくします。そのため、コーヒーを飲んでない双極性障害者と日常的に飲んでる障害者を比べると、後者のグループの自殺企画率は前者の2.4倍ぐらいであるとアメリカの国立医療図書館の文献に書かれています。

    また、カフェインは双極性障害者の不眠を助長させ、睡眠障害を悪化させます。睡眠サイクルが崩れると、また躁状態に入ってしまいます。

    躁状態に入った結果、大切な人間関係を無くしたり、仕事を失ったり、財産を失った人たちにとってまた躁状態になることは何が何でも避けたいものです。

    なので、コーヒーを飲むことが双極性障害を持っている人にプラスであるような誤解を招く記事は危険であるのと同時に、正論を説いておられるコメントを冷やかすようなコメントも誰の益にならないと思います。

    日本では双極性障害の研究と知識の共有が世界と比べ遅れていますが、無責任な記事は避けていただきたいと思います。

  4. 双極性障害者、コーヒー業界関係者 より:

    因みに科学的根拠(英語)のリンクとその結果を取り上げて日本語で配信した筑波大学附属病院の精神科医のインスタです

    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/19624388/

    https://www.instagram.com/p/BgGVYychJLM/?igshid=fiokt3i8mlm9

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です