コーヒーブログ・すぎた珈琲の千一夜物語

珈琲に関するお客様からの質問にお応えする、珈琲専門ページです。

くまがしステーション・平群道の駅の「くまがし」はどんな意味?

f:id:sugitacoffee:20180926084913p:plain

平群道の駅でコーヒーを販売していて、よく聞かれることの一つに、「くまがしって、どういう意味?」というものがあります。

 

上記の看板を見て、そのように思われたのでしょうか?

平群道の駅の正式名称は、「くまがし平群・道の駅」です。

 

で、その「くまがし」の意味が、よくわからないようです。

 

ちなみに、看板左上のかわいいキャラクターは、カシの実を象った、「カッシーくん」です。

 

道の駅の所在地、平等寺が実家の、妖怪ネコママに「くまがし」の由来を聞いてみると(嫁の実家は、平群道の駅と隣接している)「くま」とは大きいという意味で、「かし」とは樫の木の事だそうです。

 

昔、平群谷では沢山の大きな樫の木があったので、それを指して「くまがし」といったそうです。

 

「くまがし」という言葉は、伝説的な英雄のヤマトタケルの尊が歌った歌詞の一節で、登場します。

 

下記がその歌の全文です。

 

「命の またけむ人は たたみこも 平群(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が葉を 髻華(うず)に挿せ その子」

 

解説すると、古代の平群では、くまがしの葉を何枚も重ねて髪飾りにする風習があったそうです。

 

魔よけの意味もあったようで、その乙女の麗しい姿を思い浮かべて懐かしく思い、望郷の念で謳ったそうです。

 

ヤマトタケルは、父天皇の命で、日本全国平定の為に、たびたび戦に出かけて負け知らずでした。

 

しかし、たまたま霊剣、草薙剣を伊勢の叔母の所に忘れてしまい、その呪いで戦に負けてしまい、病をえて、亡くなってしまいます。

 

その時、病床で故郷を懐かしく思い、この歌などを残して他界しました。

 

現代では、平群は随分開けて、幹線道路が通るほど便利になりましたが、昔は随分と山深い土地だったようです。

 

ネコママも、昔の超絶田舎の平群谷をたまに懐かしんでおります。

 

ではでは、軽く動画もアップしておきます。

 

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか?

毎日、コーヒーや道の駅に関する記事を書いています。(たまに、日常の事も)

読者登録して頂くと、更新の励みになります。よろしくお願いします。

 f:id:sugitacoffee:20181021012813j:plain