コーヒーブログ専科

珈琲に関するお客様からの質問にお応えする、珈琲専門ページです。

コーヒーのあらびきで違いがでるのか?(細びきとの対比)

f:id:sugitacoffee:20181019235753j:plain

 

こんちは! 焙煎士ブロガー、すぎた(@sugitacoffee )です。

 

昨日はコーヒーミルの話をしたのですが、大抵一緒にコーヒーミルの挽き具合の事も聞かれます。

 

当店では、あらびきを推薦しているのですが、では実際のあらびきとは何なのでしょうか?

 

カリタのコーヒーミルの設定でいうと、メモリをさらに二つ分荒くした(左に四クリック回した)設定が当方でいう所の、推薦の粗びきになります。下のインスタでいう所のメモリ6ですね。

 

 

Makoto Emuraさん(@makoto526)がシェアした投稿 -

 

粗びきは適切な焙煎でないと出来ない

 

挽き具合を聞かれて、よく引き合いに出すのは、コンビニ珈琲粉です。

 

大抵のコンビニ珈琲粉はめちゃめちゃ挽き目が細かいです。

 

その理由は、一年間珈琲粉を持たせるために、壮絶な浅煎りにしているからです。

 

当たり前の話ですが、深く火を入れれば入れるほど、商品は早く酸化して痛みます。

 

本来保存食品でない、コーヒー粉を一年間も常温保存しようと思ったら、めちゃめちゃ浅煎りにするしかないのです。

 

また、抽出するさいも、極細引きにしていないと、まともにエキスが出てきません。

 

そういう意味で、最初からかなり粗びきの設定になっている、カリタの電動コーヒーミルは、かなり良心的で、コーヒー豆の事をわかっているコーヒーメーカーの様な気がします。

 

 

 

 何故、そんなに浅煎りで、細挽きにするの?

 

当方の焙煎度合いは、一般と比較するとかなり深煎りです。

 

しかし、実はそれは間違いで、単に世間一般の(いわゆるサードウェーブ珈琲というやつですね)が、2年間も焙煎コーヒー豆を貯蔵するために(ヨーロッパでは焙煎珈琲豆の消費期限は2年間)浅煎り焙煎がデフォになっているためです。

 

巷でよくしている、焙煎コンテストの類も、全部このバカげた浅煎りが基準になっているわけですね。

 

いい加減日本基準で、いわゆるカリタコーヒーミルを基準にしてほしいもんです。"(-""-)"

 

カリタ コーヒーミル ナイスカットG #61102 アイボリー

カリタ コーヒーミル ナイスカットG #61102 アイボリー

 

 

 

ちなみに、コーヒー豆の中心までローストして、適切な焙煎度合いにした場合、コーヒー豆は一か月くらいしか日持ちしません。

 

まあ、大型の流通をになっている方からすれば、一カ月で商品を入れ替えなければいけない物なんて、扱いにくいでしょうが。

 

でも、魚とか肉とかの生鮮食料品でできているので、コーヒー豆も出来ないわけじゃないと思います。

 

それは単に、コーヒー豆が油の塊であるという正しい知識がないことと結びついているのでしょうね。

 

流通のトラックの運ちゃんと話をしたことがあるのですが、「消費期限ぎりぎりキレるぐらいのコーヒー豆をトラックに積んでいると、メチャメチャ臭くなってかなわん」といっていました。

 

上の賞味期限ぎりぎりのコーヒーを集めてなんにするのかといえば、皆さんが夏に良く飲んでいる、ブレンディーとかになるわけですね。

 

一本100円で異常に安すぎるのはそんなからくりがあったわけです。

 

 

適切な焙煎度合いは粗びきで美味しい

 

すぎた珈琲ではそんな、くそ不味いコーヒーをお客様に出したくないので、コーヒー豆に一番適した焙煎度合いに設定して焼いています。

 

要するに、わざわざ深煎りにしているわけではなく、単にコーヒー豆の中心までしっかりと火を通して、適切に火入れしているだけなのです。

 

当たり前のことを、当たり前にしているだけと言うことです。

 

ユーザー第一という観念と一緒ですね。

 

ネコママ曰く「いや、単に私が美味しいと思う焙煎度合いにしているだけだからw」という声が、天から降ってきましたw

 

終わり

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。<m(_ _)m>

 

 今回の記事はいかがでしたか?

 

◆日々、コーヒーや道の駅に関する記事を書いています。(たまに、日常の事も)

読者登録して頂けると、更新の励みになります。よろしくお願い致します(/・ω・)/

  f:id:sugitacoffee:20181021012813j:plain

 

◆Twitter始めました!ブログでは見れないネタもつぶやきますので、フォローお待ちしております!

 

 

◆読者の方からリクエストを募集しています。「珈琲に関して、こんな事知りたいな」と言う物がありましたら、コメント下さい。お待ちしております(=゚ω゚)ノ