コーヒーブログ・すぎた珈琲の千一夜物語

珈琲に関するお客様からの質問にお応えする、珈琲専門ページです。

濃いコーヒーとは、ミュンヒの大阪コーヒーである

f:id:sugitacoffee:20181127091857j:plain

 

当サイトへお越し下さり、有難う御座います。

 

焙煎士ブロガーのすぎた(@sugitacoffee)です。

 

昨日(2018年11月26日)お客様から、「濃いコーヒーって美味しいんですか?」というご質問を頂きました。

 

で、その「濃いコーヒー」、一体何を指して言ってるのかと考えました。

 

パット思いつくものでしたら「エスプレッソ」あたりが頭に浮かびますが、どうもエスプレッソを指して言っている様ではありません。

 

よく聞くと、「沢山珈琲粉を使って作るコーヒー」の様です。

 

うむ。心当たりアリアリです。

 

という事で、今回は巷でいう所の「濃いコーヒー」に関してご質問にお答えしたいと思います。( ^^) _旦~~

 

 
 
 
View this post on Instagram

Yoshiyuki Ikedaさん(@yoshi_brunei)がシェアした投稿 -

 

濃いコーヒーって美味しいの?

 

一般的に「濃いコーヒー」と言えばエスプレッソな訳ですが、この界隈(奈良~大阪方面)では、

濃いコーヒー = ミュンヒの珈琲という構図が成り立ちます。

 

 

元祖「濃いコーヒー」のオーナー「ザ・ミュンヒ」の田中完技さんとは10年来の知り合いで、お互い珈琲に対するこだわりが強く、相通ずるものがありました。

 

当時お互いの店に行き来し、長い間話し込んだものです。

 

で、そのミュンヒのオーナーさん、「濃いコーヒー」がとても好きで、長年珈琲を入れている間にどんどん濃くなって行き、行きついたところが究極の濃いコーヒー(スパルタン)になったわけです。

 

この究極の濃いコーヒー、なんと、一キロの珈琲粉を使って100ccだけ珈琲エキスを抽出します(=゚ω゚)ノ

 

(1Kの珈琲粉で100cc抽出のスパルタン)

 
 
 
View this post on Instagram

ウエスさん(@uesuuu)がシェアした投稿 -

 

スパルタンの味は珈琲というよりもブランデーの様な感じで、一口で脳天をクリティカルヒットしてきます。(=゚ω゚)ノ 

 

興味のある方は田中さんがご存命の間に一度お試しあれ。(かなり高齢なので)

 

 
 
 
View this post on Instagram

北山きいろ雅代さん(@masayowizard)がシェアした投稿 -

 〒581-0015 大阪府八尾市刑部2丁目386 電話:072-996-0300 

 

 濃いコーヒーを作って見る

 

珈琲に対する好奇心が旺盛すぎた当時の私は(今でも情熱は衰えていませんよ)すぎた珈琲でも濃いコーヒーをメニューにすべく、色々と考案・試作しました。

 

スパルタンのように、いきなり1キロの粉で100ccの珈琲を作るのは無謀すぎるので、段階的に濃縮度を高めて行く事にしました。

 

つまり

第一段階:二倍濃縮

20gの珈琲粉を使って一杯出し

 ↓

第二段階:五倍濃縮

50gの珈琲粉を使って一杯出し

 ↓

第三段階:十倍濃縮

100gの珈琲粉を使って一杯出し

 ↓

第四段階:二十倍濃縮

200gの珈琲粉を使って一杯出し

 

ここまで作ってとりあえず様子を見ることにしました。( ^^) _旦~~

 

味は2倍濃縮、つまり通常の倍の珈琲粉を使って一杯出しする珈琲は、ちょっと濃いかな?というぐらいでちゃんと珈琲の味がします。

 

しかし、5倍濃縮、10倍濃縮になるともはや珈琲の味はせず、スパルタンのようにブランデーの様な風味になりました。

 

10倍濃縮までは、試作・試飲しましたが、結局20倍濃縮は一回も作ることなく終わりました。

 

 濃いコーヒーは3倍濃縮までで

 

実際お客様にお出しする機会があったのは2倍濃縮の珈琲まででした。

 

自分的には3倍濃縮までは、珈琲の個性が残るので、アリかな?と思っています。

 

しかし、それ以降はどんな珈琲でも同じような味になるので、あんまり意味はないと考えています。(珈琲が勿体ないですしね)

 

抽出の方法ですが、3倍濃縮までは普通にドリップしてOKです。

 

カップ一杯分エキスがでたら、抽出を止めます。

 

ただ、5倍濃縮以降はそれではダメで、蒸らした後、低温で抽出する必要があります。

 

低温抽出しないと、苦みが強すぎて飲めたものではないです。

 

ドリップに使うお湯ですが、50℃以下にすると良いです。

 

いっそのこと、20℃くらいのお水でドリップしても良いと思います。 

 

ただ、冬場は水温が10℃以下になるので、いったん温めて20℃~50℃の範囲内のお水?でドリップすることをお薦めします。

 

 
 
 
View this post on Instagram

Kazunoriさん(@kazunorick3)がシェアした投稿 -

 

まとめ

 

濃いコーヒーの事を色々と書きました。

 

珈琲が大好きな人は、飲めば飲むほど濃いコーヒーを求めて行く様になるらしいです。(田中完技談)

 

濃いコーヒーに興味がお有りでしたら、一度濃縮珈琲にチャレンジされてみては如何でしょうか?

 

贅沢に珈琲粉を使えばリッチな気分も味わえます。( ^^) _旦~~

 

 
 
 
View this post on Instagram

Toshi "Lee" Inaさん(@leeantonio13)がシェアした投稿 -

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。(=゚ω゚)ノ

 

今回の記事はいかがでしたか?

◆Twitterでフォローして頂けましたら、お店の情報やブログの更新、珈琲に関するつぶやきを受信できます。フォローお待ちしております!

 

 

◆読者の方からリクエストを募集しています。「珈琲に関して、こんな事知りたいな」と言う物がありましたら、コメント下さい。お待ちしております(=゚ω゚)ノ