珈琲の作り方

アイス珈琲の作り方と作り置きの方法

アイス珈琲
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
アイス珈琲ってどうやって作るんですか?
珈琲マスター
珈琲マスター
濃い目にドリップした珈琲に氷を入れて急冷すればイイだけです。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
使うコーヒー豆はホット珈琲用の豆と同じで良いんですか?
珈琲マスター
珈琲マスター
アイス珈琲は冷やすと酸味が出るので、深煎りの豆を使います。

今回の記事は、アイス珈琲の作り方と、作ったアイスドコーヒーの作り置きの方法です。

アイスコーヒーは苦く作る

珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
アイス珈琲用のコーヒー豆を使って作るんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
珈琲は冷やすと酸味がでるので、深煎りにして苦くしておくんです。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
冷たい珈琲は酸っぱくなるのね。
珈琲マスター
珈琲マスター
抽出に使うお湯は沸騰している物を使います。高温だと苦み成分が出やすいんです。
コーヒードリップの温度
コーヒードリップの温度は何度がよいか?コーヒーの最適温度について珈琲の最適温度は85℃。珈琲は温度によって味が変わる。ドリップに使うお湯の温度は高温だと濃くなり、低温だと円やかになる。飲む時の温度は65℃くらいが良い。...

コーヒーは冷やすと酸味が出ます。ですので、日本式のアイス珈琲では使用する珈琲豆は苦みの強い深煎りの豆を使います。

アイスコーヒーを抽出する時は苦み成分を多く出すために、沸騰しているお湯で蒸らして、ドリップは90℃以上の高温のお湯を使うのがコツです。

アイス珈琲の抽出クリックでアイス珈琲の抽出動画がみれます
珈琲マスター
珈琲マスター
アイス珈琲用の深煎り豆が無くても沸騰しているお湯で抽出すれば美味しいアイス珈琲になります。

アイス珈琲は急速冷却する

珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
アイスコーヒーはどうやって冷やせばいいんでしょうか?
珈琲マスター
珈琲マスター
アイス珈琲用の熱い濃縮エキスに氷を入れて急速冷却します。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
珈琲を氷で一気に冷やすんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
急速冷却することで透明でキレのある、薫り高いクリアーなアイス珈琲に仕上がります。

アイス珈琲の冷却のコツは、ドリップした濃厚な珈琲エキスに、熱いリキッドと同量の氷を加えて一気に冷やす事です。

アイス珈琲の急速冷却クリックでアイス珈琲の急速冷却の動画を見る

出来上がりが、1リットルのアイスコーヒーのレシピは以下の通りです。

  1. 中挽きの深煎り焙煎コーヒー豆100g
  2. 抽出した熱い濃縮アイス珈琲500cc
  3. アイス珈琲リキッドと同量の氷500g
アイスコーヒー用深煎り焙煎豆

アイス珈琲用珈琲豆モカイルガチェフアイス珈琲用珈琲豆モカイルガチェフを買う

アイス珈琲の作り置きの仕方

珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
アイス珈琲は作ったら何日くらい作り置き出来ます?
珈琲マスター
珈琲マスター
アイス珈琲は2日でエグくなるのでブラックは長期保存できません。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
たった二日しか日持ちしないのね。
珈琲マスター
珈琲マスター
アイスコーヒーに少量のシロップや牛乳を加えると、2週間は日持ちするんで大丈夫です。

アイス珈琲は高温で抽出してから低温に冷やすので、温度差の影響から2日程度でエグミが出てきます。

2日以上持ち越す場合は、少量の牛乳やガムシロップを加えて下さい。驚くほど長期間味が変わらなくなります。

コーヒー作り置き
コーヒーの作り置きの仕方珈琲の作り置きの方法。忙しいビジネスマンは朝珈琲を入れる時に一日分の珈琲を作り置きしてください。良い珈琲は味も変化しにくいです。...

水出し珈琲とレーコーの違い

レーコー好き
レーコー好き
水出しコーヒーとアイスコーヒーって何が違うんですか?
レーコーと水出し珈琲レーコーと水出し珈琲
珈琲マスター
珈琲マスター
水出しは低温の水でゆっくり抽出するのでクリアーな味わいになります。一方アイス珈琲は高温のお湯でドリップした後、冷やすので濃厚な珈琲らしい味になります。
レーコー好き
レーコー好き
ミルクやお砂糖を入れるんだけど、どっちが良いのかな?
珈琲マスター
珈琲マスター
水出しにミルクやシロップを入れると風味が飛ぶので、アイス珈琲に入れるのがお奨めですね。

アイス珈琲と水出し珈琲は見た目が同じなのですが、中身はかなり違います。

アイス珈琲は高温のお湯でドリップするので、カフェインや苦み成分がたっぷり入ったストロング珈琲になります。

一方水出し珈琲は15℃~25℃のお水でゆっくり抽出するので、カフェインは通常の半分になり苦み成分が溶け出しにくいのでクリアーな酸味が特徴のコーヒーになります。

水出し珈琲
水出しコーヒーの作り方・ウォータードリップには軟水を使おう水出し珈琲(ダッチコーヒー)とは時間をかけて水で抽出するカフェイン少なめの珈琲です。水出し珈琲の作り方は、ポットを使った点滴式とパックの漬け置き式がある。コールドブリューコーヒーは深煎りの珈琲豆で作るのがおすすめです。...

どちらを選ぶかはお客様の体質(カフェインに強いかどうか)で決めると良いです。

水出し珈琲を飲んでみて、頼りないなと感じたらカフェインたっぷりのアイス珈琲が体質に合っているでしょうし、レーコーがキツク感じる場合は、カフェイン分解能が低い可能性があるので、ウォータードリップを選ぶと良いです。

カフェインの効果
カフェインの効果と副作用に関してカフェインの効果とカフェインの副作用について。カフェインは錠剤などではなく、珈琲やお茶から取る方が良い。カフェインの適量は個人差があり、カフェイン分解能が高いと眠気を覚ます効果が出ない事もある。肝臓の機能が低下している時は摂取をやめる方が良い。そんな時はカフェインレスコーヒーを飲むと良い。...

アイス珈琲の作り方・まとめ

珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
アイス珈琲って意外と簡単に出来るんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
アイスコーヒーの作り方の一番のコツは沸騰しているお湯で抽出する事です。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
深煎り焙煎豆でなくてもいいのね。
珈琲マスター
珈琲マスター
熱いお湯で抽出すると苦み成分が出るので中煎りの珈琲豆でも美味しいアイス珈琲になります。

美味しいアイス珈琲を作るコツを列挙すると

  1. 沸騰しているお湯で苦み成分を出す
  2. 中煎りか深煎りのコーヒー豆を使う
  3. 抽出した珈琲と同量の氷で急速冷却
  4. ブラックアイス珈琲は2日以内に飲む
  5. アイス珈琲保存はシロップか牛乳を
おすすめの中煎りアイス用珈琲豆

アイス用珈琲豆マンデリン・ブルボンアイス用珈琲豆マンデリンブルボンを買う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です