珈琲と健康

クロロゲン酸とは珈琲等に入っているポリフェノールの一種

珈琲クロロゲン酸
珈琲勉強中
珈琲勉強中
コーヒーに入っているクロロゲン酸とトリゴネリンって何ですか?
珈琲マスター
珈琲マスター
どちらも珈琲から発見された物質で健康に良い効果があります。
珈琲勉強中
珈琲勉強中
コーヒー固有の成分ですか?
珈琲マスター
珈琲マスター
似たような物質でコーヒー以外にも入っていることがあります。

今回はコーヒー豆から初めて発見された物質、クロロゲン酸(珈琲ポリフェノール)に関してお答えします。

珈琲クロロゲン酸の味わい

珈琲勉強中
珈琲勉強中
クロロゲン酸は酸なんでしょうか?
珈琲マスター
珈琲マスター
珈琲に含まれる酸の一種で温度によってスッパクなったり渋くなったり苦くなったりします。
珈琲勉強中
珈琲勉強中
酸味だけでなく苦くなったり渋くなったりもするんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
クロロゲン酸は加熱によって複雑な多様体になるんで、味や体への影響も色々変化していきます。

クロロゲン酸(別名コーヒーポリフェノール)は珈琲以外には緑茶(カテキン)ココア、赤ワイン(アントシアニン)にも入っています。

クロロゲン酸は、加熱や発酵によって様々な物質に変化していき、多種多様な健康効果を発揮します。

コーヒーポリフェノール
コーヒーポリフェノールの効果効能日本人は約半分のポリフェノールを珈琲クロロゲン酸(ポリフェノール)から取っている。珈琲ポリフェノールは野菜や果物よりも吸収が良い。...
珈琲マスター
珈琲マスター
クロロゲン酸は浅煎りだと酸味に深煎りだと苦みに変わります。
焙煎度合いによるクロロゲン酸の味焙煎度合いによるクロロゲン酸の味

クロロゲン酸の効果

珈琲勉強中
珈琲勉強中
クロロゲン酸って健康にはどんな効果があるんでしょうか?
珈琲マスター
珈琲マスター
抗酸化作用が強く、アンチエイジングの作用で癌や糖尿病の抑制、高血圧の予防効果があります。
珈琲勉強中
珈琲勉強中
クロロゲン酸てポリフェノール?
珈琲マスター
珈琲マスター
ポリフェノールの一種で葉緑素・クロロフィルが由来で光合成によって作られます。

クロロゲン酸は大変抗酸化作用が強いので、様々な薬効効果があります。

代表的な物を列挙すると

  1. 肝硬変の予防
  2. 癌の抑制
  3. 糖尿病の予防
  4. ダイエット効果
  5. 高血圧の予防

クロロゲン酸は植物が紫外線の害から身を守るため、光合成によって作りだされた物質です。よって生物の老化の元である酸化物質を還元する作用がありアンチエイジング効果抜群です。

珈琲マスター
珈琲マスター
クロロゲン酸は葉緑素の一種なので生豆だと緑色してるんです。
コーヒーポリフェノール・クロロゲン酸緑色の珈琲ポリフェノール・クロロゲン酸

クロロゲン酸とは?・まとめ

珈琲勉強中
珈琲勉強中
クロロゲン酸ってコーヒーにどれくらい入ってるんでしょうか?
珈琲マスター
珈琲マスター
珈琲一杯で300mgぐらい入っています。日本人は飲料物に入っているポリフェノールの大半をコーヒーから摂取しているんです。
珈琲勉強中
珈琲勉強中
大半のクロロゲン酸をコーヒーから取ってるんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
トリゴネリンも大半コーヒーから取っています。
トリゴネリン
トリゴネリンとは何か?トリゴネリンコーヒーの効果と含有量トリゴネリンは珈琲に沢山含まれている、脳のシナプス結合を促進する物質です。効果は痴呆の予防など脳神経にかかわる事で現在も盛んに研究されている希少物質です。...

フランス人が大半のクロロゲン酸を赤ワインから取っているように、日本人は大半のクロロゲン酸を珈琲から取っています。

珈琲マスター
珈琲マスター
美味しい珈琲から体に良いクロロゲン酸を取って、健康な毎日をお過ごしください。
コーヒー効果
コーヒーの健康効果・珈琲の効能はカフェインとポリフェノールによる珈琲の効果はカフェインとポリフェノールによる。カフェインは交感神経を刺激して覚醒作用、ポリフェノールはアンチエイジングの効果がある。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です