コーヒーギフト

コーヒーは口臭の原因ではない。珈琲は口臭を消すか?

コーヒー口臭

珈琲飲んだから口臭消すためにガム噛むね。

?!珈琲で口臭くなるのか。

珈琲好きだけど、口臭予防しないとね~

(考えた事も無かった・・・)

ビジネスマナーよね❤

(珈琲いい香するけどな・・・)

珈琲を飲んだ後、口臭を気にする方がいる。

珈琲そのものの匂いを気にしているのか、それとも珈琲を飲むことによって出る副次的な口臭が問題なのか意見の分かれるところ。

今回はそんな珈琲と口臭の関係について書いて行きます。

コーヒーは口臭の原因になるのか?

珈琲飲んで人と話すのは、エチケット上問題あるよね。

そう?全然気にならんけど。

珈琲の匂いさせて人と話すのはダメでしょ。

いい香するけどな~

ガムで口臭予防してね。

ガムで口臭予防できるんだ。

以前パソコンのインストラクターと話すことがあり、その時彼女は珈琲を飲んだ後必ずガムを噛んで口臭を消していた。

口臭について興味を持った筆者は口臭の原因を調べることにした。

すると以下の要因がある事が分かる。

  1. 唾液不足
  2. 食べかすの腐敗
  3. 肺から出る腐敗臭
  4. 口中の病気

上記のうち、珈琲が原因で口臭が出るのは1の唾液不足によるものだとわかった。

珈琲は唾液不足になるかもしれない

珈琲の匂いを消さないとね。

珈琲の香り好きだけどな~

好みもあるよね❤

珈琲嫌いな人もいるか?

口の中が乾くしね~

口乾燥すると臭くなるね。

珈琲を飲んだ後ガムを噛むのは唾液を分泌させるため。

人はストレスを感じると唾液の分泌が鈍る。

唾液の分泌が滞ると口中は十分洗浄されず、細菌が蔓延して口臭をまき散らすことになる。

唾液不足が起こるのは、ストレス過剰で疲れている時だ。

また加齢による唾液分泌不足もある。

つまり珈琲が原因で口臭が出るのは、カフェインの過剰摂取によるストレスでの唾液不足となる。

(ストレスに関して👇)

珈琲をたくさん飲むと唾液不足になる

私珈琲飲み過ぎるのよね~

よっぽど好きなんだね。

3杯位飲むと口臭くなる・・・

それでガム噛むんですね。

そうそう口乾いちゃって。

潤いが大切なんだね。

口臭の原因の大半は唾液不足によるもの。

珈琲の飲みすぎだけでなく、口臭を感じたらそれは唾液不足。

口臭が気になる方は予防策として、唾液の分泌を促すことだ。

ポイント!

歯を磨いたり舌苔を除いたりするよりも、ガムなどを噛んで唾液の分泌を促した方が口臭予防になる。

唾液の分泌ですべてが解決する

珍しく口臭いねー

そう?!

疲れてるんだねー

忙しすぎー

ガムでも噛んだら?

飴舐める。

疲れている時や体調がすぐれないと、唾液不足になり消化不良を起す。

唾液不足は万病のもと。

消化が悪いと腸内環境が悪くなり、肺から腐敗臭がでてそれも口臭の原因になる。

人は一日1~1.5リットルの唾液を分泌する。

唾液にはアミラーゼという糖質を分解する酵素も入っており、唾液が十分だと細菌の繁殖を抑え虫歯にもなりにくくなる。唾液 – Wikipedia

 珈琲は口臭を消す・まとめ

珈琲飲んだあとなんで口臭くなるかわかったわ。

唾液不足だったんですね。

お水飲んでもいいわけね。

口中が潤っていればOK。

唾液って大切なんだねー

その様ですね。

珈琲が好きで連続で何杯も飲むときは、唾液不足になるかもしれません。

そんな時はうがいをしたり、ガムを噛んで唾液の分泌を促してください。

口臭ケアはビジネスの基本。

(珈琲の飲み方に関して👇)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です