コーヒーブログ専科

珈琲に関するお客様からの質問にお応えする、珈琲専門ページです。

コーヒーのカフェイン量はどれくらい取っていいのか?

f:id:sugitacoffee:20181023115251j:plain

 

こんちは! 焙煎士ブロガー、すぎた(@sugitacoffee )です。

 

女性の方からの質問で、「ノンカフェイン珈琲は扱ってます?」というものがあります。

 

この質問をされると、大抵一瞬、”ウッ・・・”  っと、言葉に詰まってしまいます。

 

その理由は、ほとんどの方がカフェインと言うものを誤解されているからです。

 

日本人はカフェインに強い民族

 

皆さんの中で、カフェインに酔う方って、いらっしゃるでしょうか?

 

まず第一に、カフェインに酔うという意味が分からないと思います。

 

実は、

日本人はカフェイン分解能といって、カフェインを無効化する能力が高く、カフェインに酔うという感覚が分かりません。

 

私も長年カフェインに酔うという感覚が分からなかったのですが、珈琲の仕事で焙煎室のふき掃除をする機会があり、カフェインの結晶を多量に皮膚から吸収しました。

 

そして目まいを起こして、その時初めて「カフェインに酔うってこういう事なんだ…」と分ったわけです。

 

白人はカフェインに酔う

 

一方白人は人種的にエタノール分解能(お酒ですね)が高く、少々ビールをラッパ飲みしても、顔色一つ変えませんw。

 

私は度々、アメリカ人たちと飲む機会があったのですが、彼らはよくビールをラッパ飲みしていました。

 

しかも3本くらい次々に平らげて、日本人ならかなり出来上がっているはずなのに、白人たちは何事もなかったかのように、シラットした顔をしていますw

 

長年この違いはなんなんだ?と思っていたのですが、いろいろ経験を積んでやっと謎が解けました。

 

それは、

日本人はカフェイン分解能が高く、白人はエタノール分解能が高い。カフェイン分解能とエタノール分解能は反比例する体内酵素である。

という事だったのです。

 

つまり、白人はエタノール分解能に優れていて、お酒に酔わない代わりに、カフェイン分解能が弱く、カフェインに酔うという事だったのです。

 

ノンカフェイン飲料が欧米で持てはやされているのは、こういった背景があったからです。

 

一方、ノンカフェイン珈琲は、国内では最近でこそチラホラ見かけるようになりましたが、もともとカフェインにほとんど酔わない日本人では、大きな市場になりえないという事です。

 

ノンカフェイン珈琲を飲むのはせいぜい妊婦さんと、授乳されている方ぐらいです。

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

 

 日本人は茶を飲む習慣がある

 

実は、日本人がカフェインに強い要因はもうひとつあります。

 

それは幼少のころからカフェインたっぷりのお茶を飲む習慣がある事です。

 

カフェインというものは、常飲すると耐性ができます。

 

ですので、子供のころから茶を飲む習慣がある人は、カフェインに対してかなり耐性ができます。

 

よくコーヒー飲んで気分が悪くなり、「カフェイン取り過ぎだわ」とか仰ってますが、珈琲より沢山のカフェインが入っている茶を飲んでいるのに、そんなわけないでしょ、と言うことです。

 

これが、冒頭ノンカフェイン珈琲あります?って質問されたら、”ウッ”っと詰まってしまう原因です。(せつめいながーーーーーーーーw)

 

 カフェインを飲み過ぎると・・・

 

 しかし、物事には限度というものがあります。

 

私も両手が黄色くなるくらい、カフェインの結晶を皮膚から吸収すると、酔ってしまいましたし。

 

一体どれくらいカフェインを取ると危険なのかというと・・・

 

実は日本国内には取り決めがありませんw

 

それはなぜかというと、

カフェインを取り過ぎて死亡する人は、日本では二年に一人居るか、いないかなので、ほとんど気にする必要がないためです。

 

言い方は悪いですが、そんな取るに足らない数字の為に、内閣府は取り決めなど、こさえてくれません。

 

一方海外では、一日に取って良いカフェイン量を、国が定めています。

 

母体が飲んで良いカフェイン量は以下の通り
英国食品基準:200mg
世界保健機構:300mg
カナダ保健省:300mg
OG保健食品:300mg
内閣府委員会:特になし

  

まあ、これを見ても日本人は妊婦さん以外、少々カフェイン取り過ぎても大丈夫ってことです。

 

一応カフェインの致死量があるようですが、1000mgを一度に取ると死ぬかもしれません。(多分死なないけど…)

 

1000mgはホット珈琲でいうと10杯分です。

 

この分量はエナジードリンクや緑茶も同じで、カフェイン飲料を10杯一気飲みすれば、死んじゃうかもしれませんよ。という具合です。

 

 カフェインは汗と共に流れる

 

カフェインの排泄パターンですが、尿として排出されます。

 

あと一つは汗として出ていきます。

 

汗って、汗腺から染み出るわけですが、実は乳腺も汗腺が変化してできた物です。

 

だから、授乳すると、母体がとったカフェインが乳児にも行ってしまいます。

 

カフェイン分解能は、1歳になるまでは弱いです。

 

これが、妊娠している人と、授乳している人がカフェインを控えなければならない理由になるわけです。

 

妊娠している間と、授乳している間の二年間だけは、美味しいノンカフェイン珈琲で我慢してください。(^_-)-☆

 

 

3時間ごとに珈琲を飲もう

 

カフェインの排泄サイクルですが、おしっこや汗をひんぱんに出せば、すぐに体外に排泄されます。

 

日本人の場合、おおむね3時間くらいで、大半のカフェインは分解されてしまいます。

 

ですので、安全にカフェインを取ろうと思ったら、3時間ごとにカフェイン飲料を取れば、問題ないという事です。 ^^) _旦~~

 

また、遺伝的にカフェインに弱い人は、水出し珈琲を飲めば問題ないです。

 

カフェインはお湯に溶ける性質を持っているので、低温抽出すれば、カフェイン量は半分くらいになります。

 

以上でカフェインに関する記事を終わります。

 

 

今回の記事はいかがでしたか?

日々、コーヒーや道の駅に関する記事を書いています。(たまに、日常の事も)

読者登録して頂くと、更新の励みになります。よろしくお願い致します。(^ν^)

  f:id:sugitacoffee:20181021012813j:plain