珈琲の作り方

緑茶コーヒーブログ・カフェインとダイエット効果・作り置き出来る?

緑茶コーヒー
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶コーヒーって知ってる?
マスター
マスター
緑茶にコーヒー混ぜるの?
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
うん。ダイエットに効果があるの。
マスター
マスター
鴛鴦茶みたいなものかな?紅茶と珈琲混ぜる飲み物
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶コーヒー流行ってるよ。
マスター
マスター
カフェイン過多の様な気がする。

昔から香港では紅茶と珈琲を混ぜて作る鴛鴦茶(えんおうちゃ)と言う飲み物があります。

香港では一般的な飲み物で数十年の歴史があり、レストランなどではホット珈琲と一緒に定番のメニューの1つになっています。鴛鴦茶 – Wikipedia

色々調べてみると、日本の医師の方がダイエットに良いとのことで緑茶コーヒーを考案されたようです。

(緑茶珈琲ダイエットの本 )

今回は古くて新しい、コーヒー茶に関して書いて行きます。

緑茶珈琲はカフェイン2倍

緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
珈琲茶、昔からあるんだね。
マスター
マスター
飲んだことないけど、香港では定番のメニューだって。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶は日本古来の飲み物だから珈琲に入れやすいし。
マスター
マスター
紅茶よりも身近にあるよね。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
ダイエット効果あるみたい。
マスター
マスター
ただ、カフェインが通常の2倍になるから気を付けて飲まないとね。

珈琲と茶類を混ぜる飲み物は、幼少のころからお茶を飲む習慣がある地域では、親しみやすい飲み物です。

ただ、緑茶や紅茶には珈琲と同程度のカフェインが入っているので、カフェイン耐性のある日本人でも気を付けて飲まないと、カフェイン中毒になる恐れがあります。

(カフェイン耐性の記事👇)

ポイント!

工藤孝文医師は、緑茶コーヒーを一日3杯飲むことを推薦していますが、カフェインの量は通常の6杯分と思って飲まなければなりません。

緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
カフェイン6杯も飲めば食欲減退してダイエット効果もでるね。

緑茶珈琲のカフェインを少なくする

緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲はカフェイン取り過ぎ?
マスター
マスター
取り過ぎだね。特に玉露はカフェイン多いから気を付けないと。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
デカフェ珈琲緑茶じゃダメなの?
マスター
マスター
デカフェにするとダイエット効果が半減するからね。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
じゃ、どうすればいいの?
マスター
マスター
水出し珈琲緑茶にすればいいです。

日本では古来から緑茶を水出しで飲む習慣があります。

(お茶の水出し器具👇)

カフェインはお湯に溶ける性質があるので、低温抽出するとカフェインの量は半減します

玉露が50℃以下の低温で抽出されるのは、カフェインの溶出を抑える為もあります。

ポイント!

珈琲やお茶は水出し抽出にしてカフェインを半減させると、通常の飲み物と同じカフェイン量になるので、眠れなくなるなどの心配もなくなります。

(デカフェについて👇)

ウーロン茶珈琲はダイエット効果あり

緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
茶葉は何を使えばいいの?
マスター
マスター
いつも飲んでいる物が、取り入れやすいよね。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
ダイエット効果のある茶葉は?
マスター
マスター
ウーロン茶だね。茶葉を発酵させてるから。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
水で抽出するの?
マスター
マスター
水出しだと味が円やかになってケンカしないよ。
緑茶珈琲ダイエット中
緑茶珈琲ダイエット中
水出しなら珈琲豆や茶葉、何を使ってもいいわけね。

コーヒー茶の作り方ですが、水出しや低温抽出すると味がケンカしなくなるので、どんなものを混ぜても調和します。

ですので、新たに材料を調達しなくても、すぐに取り組んで頂いて大丈夫です。

ポイント!

緑茶コーヒーのメリットは取り組みやすさです。カフェインの取り過ぎに気を付ければ、違和感なく生活の一部にする事ができます。

(お奨めのポリフェノールが豊富なウーロン茶)

水出し緑茶コーヒーは作り置きできる

水出しコーヒーや、水出し緑茶のメリットはカフェインが半減する事と、日持ちする事です。

特に夏場は作り置きしておいて、水分補給用としてたくさん飲むことも出来ます。

冬場は温めて「ホット緑茶コーヒー」にしても美味しいです。

茶葉と珈琲粉を別々に抽出する必要はなく、一緒にバスケットに入れてお水に漬けて置けば一晩で出来ます。

ただ、水温が低すぎるとエキスがでないので、冬に作る時は最初だけお湯で蒸らすと、うまく出来ます。

ポイント!

水出しや低温抽出でカフェインの量をコントロールして、お好みの味に仕上げてください。

(珈琲の作り置きに関して👇)

緑茶珈琲の効果・まとめ

緑茶コーヒーの効果や、カフェインに関していろいろ書きました。

日本人は珈琲よりも先に、緑茶を飲み始めることが多いです。日本ではコーヒーよりもお茶の文化が浸透しているからです。

ダイエットや健康の為にコーヒーを飲むとき、お茶と混ぜるのは理にかなっています。

ポイント!

緑茶コーヒーのメリットは、多様体ポリフェノールでダイエットに相乗効果が出る事と、珈琲嫌いのハードルを下げてくれることです。唯一の欠点としてカフェインの取り過ぎがあります。

 (多様体ポリフェノールに関して👇)

水出し抽出をうまく活用して、安全で効果的な珈琲&緑茶ライフをお楽しみ下さい。

緑茶珈琲のリンク集です👇宜しければご活用ください。

(緑茶コーヒー書籍 )

(お茶・珈琲の水出し器具)

(ポリフェノール豊富なウーロン茶)

(おすすめの宇治緑茶)

(おすすめの有機フェアトレード珈琲)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です