珈琲の作り方

コーヒードリップの温度は何度がよいか?コーヒーの最適温度について

コーヒードリップの温度
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
珈琲ドリップの温度って大事ですよね。
珈琲マスター
珈琲マスター
湯温で味は変わります。温度を変えると全く違う珈琲になります。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
湯温は何℃にすればいいの?
珈琲マスター
珈琲マスター
蒸らしは100℃位のお湯で、ドリップは85℃位です。飲む時は70℃位が適温です。

食品やドリンクを調理する時には適切な温度があります。

また飲む時の最適な温度も様々です。

例えば、珈琲でいうと「カプチーノ」の飲み頃の温度は50℃くらいです。

一方「ホット珈琲」の最適な温度は70℃くらいです。

同じ「珈琲ドリンク」なのになぜ適温が違うのでしょうか?

今回は珈琲の最適な温度は何℃か?という事について詳しく書きます。

珈琲の温度は何度がよいか?

珈琲マスター
珈琲マスター
苦みが好きでしたら、90℃以上の湯温にすればいいです。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
苦いのは苦手だな。酸味を出すにはどうすればいいの?
珈琲マスター
珈琲マスター
70℃以下の湯温だと酸味が強調されます。
珈琲教室生徒
珈琲教室生徒
お湯の温度で酸味や苦みをコントロール出来るのね。

珈琲の味は酸味成分苦み成分の二つに大別できます。

酸味成分はお湯の温度にあまり影響されないので、低温でも十分に抽出されます。

苦み成分は溶解速度が遅いので、低温だと抽出されにくく、高温のお湯でないと苦み成分が十分に落ちません。

お湯の温度を変える事によって、苦み成分をコントロールする事がコーヒーの味をコントロールする事につながります。

珈琲ドリップのお湯の温度

珈琲好きの父
珈琲好きの父
ドリップ珈琲に使うお湯の温度は何度くらいがいいんでしょうか?
珈琲マスター
珈琲マスター
ミルクを入れるなら沸騰しているような高温のお湯で、コーヒーをドリップすると良いです。
珈琲好きの父
珈琲好きの父
高温でドリップするとミルク珈琲は美味しくなるんですね。
珈琲マスター
珈琲マスター
湯温が高いとカフェインや苦み成分が沢山出るんで、ミルク珈琲やアイス珈琲は美味しくなります。

コーヒーの酸味成分や苦み成分はお湯の温度である程度コントールできます。

冷やすと酸味が出るアイスコーヒーや、苦みを中和する牛乳をコーヒーに入れる時は90℃以上のお湯で抽出すると、カフェインたっぷりのパンチの効いたストロング珈琲になります。

アイス珈琲
アイス珈琲の作り方と作り置きの方法アイス珈琲の使い方と作ったアイス珈琲の作り置きの仕方。アイス珈琲は傷みやすいので、保存にはミルクかシロップを入れると良い。...

逆にカフェイン少なめのマイルドなコーヒーにしたい時は、50℃程度のぬるま湯でドリップすると女性に優しいクリアーな珈琲になります。

ドリップ珈琲抽出の最適温度は85℃

蒸らしが100℃、ドリップが85℃、飲む時が70℃

覚えれないですよね。

メンドクサーw

手順を踏めば簡単ですよ。

主人にやってもらうw

女性は珈琲入れるだけじゃないですもんね~。

書物などでは、ドリップに使うお湯の温度は85℃くらいが良いと、計ったように書かれています。

この温度の根拠はなんなのでしょうか?

当方もお客様にドリップの適温を聞かれたときは、85℃位がいいとお答えします。

ポイント!

一般的にドリップの適温が85℃と言われているのは、この温度が苦みや酸味などの成分がバランスよく抽出されるからです。

もう少し説明する時間がある時は、低温で抽出して、再度加熱する方が美味しくなると補足します。

お湯の温度でドリップ珈琲の味は変わる

なぜお湯の温度を変えるの?

湯温を変えると味を様々に変化させれるからです。

入れるたびに味が変わるw

逆に温度を決めてドリップすると同じ味になります。

そっち教えてw

手順を決めれば簡単ですよ。

湯温のコントロール

  1. 沸騰したお湯で蒸らす
  2. ドリップポットにお湯を移す
  3. 85℃まで下がる
  4. ドリップ⇒カップに注ぐ
  5. 70℃に下がる(飲むのに適温)

なる程、器に移すと温度が自然と下がるんだ~。

ドリップ珈琲の温度

ポイント!

沸騰したヤカンからドリップポットにお湯を移すと約85℃になり、そのままドリップしてカップに注ぐと、コーヒーの温度が飲むのに丁度よい温度の70℃くらいになります。

しかし、バランスが取れている味わいと言うだけで、けっして美味しいという訳ではありません。 

ドリップ珈琲の最適温度は55℃

手順通りにしても美味しくならないの?

バランスいい味になります。

何℃にすれば美味しくなる?

55℃位でドリップすると円やかな味になります。

随分と温度が低いんですね。

玉露は40℃位で抽出します。

なんで円やかになるの?

低温だとカフェインが溶けず円やかになります。

カフェインは高温のお湯に溶ける性質があります。

ですので、低温にすればするだけカフェインレスに近づきます。

玉露を低温で抽出するのは、カフェインが沢山含まれているからです。

 (カフェイン関連記事👇)

ただ、55℃でドリップすると、カップに注ぐと冷めた珈琲になってしまいます。

飲む時の最適な温度は70℃位なので、再度70℃まで加熱しなおさなければなりません。

低温の珈琲が美味しくない訳ではないので、そのまま召し上がって下さっても大丈夫です。

ポイント!

低温抽出するとカフェインが溶けなかったり、粒子の細かい成分だけが溶けて、苦みやエグミが少なくなります。これが玉露などで使われる低温抽出の技法です。

私は低温で珈琲を出します。

(ドリップ名人の動画👇)

高温や低温で感じるドリップ珈琲の味

わたしネコ舌なんだー。

味のわかる方なんですね。

???

舌が判別できる味はだいたい5℃~65℃の間です。

それ以上だと?

味ではなく単なる痛みです。

へっ?痛いのやだ~w

高温や低温すぎると味覚は正常に働かなくなります。

たまにホットをアッチッチにして、と言うお客様がこられます。

正直???となりながらも、90℃くらいのアチッ!な珈琲にします。

舌も細胞です。

味覚を感じる細胞を味蕾というのですが、味蕾が正常に働く温度は5℃~65℃の間くらいです。

ポイント!

5℃~65℃から外れる飲食物は、味を正確に感じることができなくなり、単なる痛みとして認識されます。

痛いのが好きな人もいるので、その方の嗜好を否定はしませんが、舌はやけどしたくないな。。。

高温だけでなく氷などの低温の物も同じで、かき氷などは甘味料を多量に加えないと、舌がマヒしているので味を感じることができず、結果常識外れの量の砂糖を加えることになります。

f:id:sugitacoffee:20181026103141j:plain
冷たい物も程々に

健康的に飲食するなら、5℃~65℃の間の物を、適切な味付けにして食べる事をお勧めします。

ミルク珈琲は低温・ホット珈琲は高温

カフェオレは何度がいいの?

ミルクコーヒーは冷めにくいので適温は50℃位です。

ホット珈琲と大分違うね。

ミルクは55℃以上だと舌を焼けどします。

舌やけどしたくないw

ホット珈琲は直に冷めるので70℃で大丈夫です。

食べ物や飲み物の適切な温度って微妙なんだね。

60℃以上のミルク珈琲など熱くて飲めません。

逆にホット珈琲は70℃くらいでお客様にだしてもすぐに冷めるので、多少熱くてもススリながら飲めば大丈夫です。

ポイント!

お出しする飲食物によって適温が変わるので、その辺も考慮しながらサービスすると、クオリティーがかなり上がります。

珈琲ドリップの温度・まとめ

珈琲の温度は大事なんだね。

温度をコントロールする者は味をコントロールします。

主人に伝えときますw

了解しました~w

以上で、コーヒードリップするときの適温と、飲む時の適温についての解説を終わりにしたいとおもいます。

色んな珈琲を飲んで頂きたくて下のセットを作りました。よろしければ一度お試し下さい。

関連記事よ👇❤

POSTED COMMENT

  1. hinamakana より:

    はじめまして✨勝手に読者登録させていただいてます^ – ^
    最近、美味しいコーヒーを飲んでから、ハンドドリップを始めて、新鮮な豆を買って毎日豆を挽いてお家で飲んでます。温度の大切さ✨ひしひしと感じてます!全然違いますよね。
    これからも楽しみに拝読させていただきます✨

  2. sugitacoffee より:

    読者登録ありがとうございます。
    珈琲を入れる時の温度もですし、
    飲む時の温度も大切ですよね。
    特に珈琲は温度の影響がすごく出るので
    少し湯温が違うと全く別の飲み物になりますしね。(^^♪

hinamakana にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です