珈琲と健康

食後コーヒーのダイエット効果と消化を助ける効能について

食後コーヒー

珈琲って食前と食後どっちに飲めば良いの?

食後に飲む人が多いです。

食前はダメなの?!

胃酸の分泌が活発になるので、アフターにする人が多いです。

食後用の珈琲豆下さい。

口中をスッキリさせる濃厚系や苦み系がお勧めです👇

(強い苦みで口中スッキリマンデリン)

(チョコナッツの風味で爽やかなアフター)

今回の記事は、アフター珈琲の消化を助ける効果などに関して書いていきます。

コーヒーは消化を助ける

珈琲は胃液の分泌を促します。

ですので珈琲を、食事中や食後に飲む人がとても多いです。

ただ、食前に珈琲を飲んだらダメという事はありません。

実際私はコーヒーを飲むときは、ほとんどブラックで飲みます。

(ブラック珈琲に関して👇)

ポイント!

胃酸過多の人や、珈琲の消化作用、口の中をスッキリさせる効果を期待する場合は、アフター珈琲にすると良いです。

食後の珈琲はダイエット効果バツグン

珈琲にはポリフェノールが豊富に入っています。

中華料理を食べているときは、沢山のウーロン茶を飲みながら食べます。

それは、ウーロン茶ポリフェノールが消化の補助や、脂肪の分解を促してくれるからです。

(各種ポリフェノールに関して👇)

珈琲を食事のアフターに持ってくると、コーヒーポリフェノールの効果でウーロン茶や赤ワインを飲むのと同じ効能があります。

ポイント!

アフター珈琲だけでなく、中華料理のウーロン茶やフランス料理の赤ワインのように、食前・食中・食後に珈琲を飲むと、ダイエット効果はさらにあがります。

珈琲では鉄分やカルシウムが失われない

珈琲飲むと鉄分なくなるって聞いたんだけど?

珈琲のシュウ酸は、鉄分やカルシウムと結合します。

じゃ、女性は珈琲飲めないじゃん?!

消化管内でミネラルが失われることはありません。

意味わかんない⤵

大腸で鉄分等のミネラルは再吸収されるんです。

珈琲飲んでいいんだね♡

珈琲で鉄分やカルシウムが失われるのは迷信です。

勘違いされている事の一つで、珈琲に含まれるシュウ酸成分で、鉄分やカルシウムが損なわれると言う物があります。

一時的にシュウ酸と結びついた各種ミネラルは、大腸で再吸収されるので、消化管内でミネラル分が失われる事はありません。

女性は月経で鉄分を失うので珈琲を敬遠される方が多いですが、シュウ酸はバナナ・ナッツ・チョコレート・ホウレン草などあらゆる食品に含まれるので、このような迷信がなぜ広まったのか理解に苦しみます。

珈琲飲むと鉄分無くなるってなぜ思われてるんだろ?

誤解を解いていきたいです。

珈琲って悪いイメージが、まだまだあるんだね。

悪魔のように黒いからかな?

コーヒー、それは悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い。(タレーラン語録引用)

シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール – Wikipedia

食後コーヒーの有効成分

どんな成分が食後に効くの?

カフェインが胃液の分泌をそくしんします。

他には?

クロロゲン酸(ポリフェノール)が脂肪を分解し、糖の吸収を抑えます。

食前珈琲の方が良いのかな?

胃酸過多でない人は食前珈琲の方が効果があります。

ポイント!

食事に珈琲を取り入れる時は、食前に飲む方が効果があります。珈琲は飲んでから効能が発揮さるまで約30分かかるからです。

理想としては赤ワインや、ウーロン茶のように、食前珈琲・食中珈琲・食後珈琲と3杯飲むと効果を最大化できます。

珈琲は消化を助ける・まとめ

食後のコーヒーについていろいろ見てきました。

アフターコーヒーやアフターティーを取り入れている方はとても多く、また食事に珈琲を取り入れるのは、消化を手助けしたりダイエットの効果があったりと良い事ずくめです。

特にダイエットを期待する場合は、食後よりも食前に珈琲を飲むことをお薦めします。

 (ダイエット関連記事👇)

ポイント!

これからの新習慣として、ウーロン茶や赤ワインのように、食事の合間合間に珈琲を飲むとより効果が期待できるでしょう。

最後までお付き合い下さりありがとうございました♡

食事中にお勧めの珈琲です

(強い苦みで口中スッキリマンデリン)

(チョコナッツの風味で爽やかなアフター)

(爽やかな香りの食前珈琲はモカ)

(胃酸過多の人向けデカフェ珈琲)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です