珈琲と健康

コーヒーアレルギーって何?

コーヒーアレルギー

すぎた珈琲(@sugitacoffee)焙煎士が書くコーヒー専門サイトへようこそ。

コーヒーを飲んで気分が悪くなる人が本当に多くて、珈琲豆屋をやっていると悲しくなります。

気分が悪くなる原因は大抵、①カフェインがダメなのかな? ②キット珈琲アレルギーなんだわ と思われているからです。

今までずっと珈琲が好きで好きで飲み続けていたのに、急に体が受け付けなくなってしまう方も非常に多いです。

特に缶コーヒーを飲んでいて、急に胃が重くなったり、胸やけがしたりして、珈琲が好きでたまらないのに、止む無く大好きな珈琲を断念される人を見ていると、本当に悲しくなってしまいます。( ;∀;)

(カフェインの誤解を解きたい方は下のブログを見て下さい)

今回の記事では、缶コーヒーやインスタントコーヒーなどを飲み続けていて、なぜ急にアレルギーを発症したみたいに、珈琲を受け付けない体になってしまうのか、全力で解説したいと思います。(/・ω・)/

缶コーヒーはコーヒーではない

缶コーヒー好きの方には申し訳ないのですが、まず缶コーヒーはコーヒーではありません。

じゃあ何なのかというと、「コーヒーの風味を人工香料で作り出した飲み物」です。

私の叔父が食品に添加する香料を調合する仕事をしていたので、直接話を聞いた事があるのですが、そのおじ曰く

「どんな味の物も人工香料で作り出すことができる」

と申しておりました。

特に缶コーヒーは人工香料無しでは、珈琲の風味を再現することは不可能です。

それほど、珈琲の風味と言う物は繊細で、直に飛んでしまうという事です。

いくら努力しても、缶コーヒーに珈琲本来の風味を閉じ込めることは出来ません。

私達が缶コーヒーを飲んで、「いい香りだわー」と言っているのは、99%人工香料の風味です。

View this post on Instagram

Shinya.Kさん(@shin9a)がシェアした投稿

缶珈琲はどれくらい珈琲か?

じゃあ、缶珈琲には珈琲は入ってないのかと言えば、一応入っています。

どれくらい入っているのかというと、「缶コーヒー」という商品には100ccに5グラム以上は入っています。

缶コーヒー – Wikipedia

一本250ccだと、15グラムってことです。

因みに私がホットを提供するときは、150ccで15グラムのレギュラーコーヒーを使います。

缶コーヒーはただでさえ質の悪い珈琲豆を使っているのに、量も絶対的に足りていません。

足りていない風味を付け足すために、人工香料で珈琲の香りを補っているのです。

View this post on Instagram

Michihiro Miyoshiさん(@michihirom)がシェアした投稿

缶コーヒーの事をもう少し書くと、「缶コーヒー」には若干レギュラーコーヒーが使われていますが、「コーヒー飲料」には、ほとんど珈琲が入っていません。

どれくらい入っているのかと言えば「コーヒー飲料」には、100ccで2.5グラム入っています。

上の「コーヒー入り飲料」ミルク珈琲になると、さらに少なくなって、100ccで1グラム入っていれば良くなります。

300ccくらいだとすると、3グラム珈琲豆を使えば良いことになります。

(/・ω・)/

ここまで来るともはや「珈琲」という言葉を使うのもは憚られます。

正確な商品名にするなら、「コーヒー風味の乳化剤砂糖飲料」でしょうか。

「人工香料 + 乳化剤 + 多量の砂糖」がその中身です。

お腹を壊したり、アレルギーを発するのも当然です。

缶コーヒーが一概にダメとは申しませんが、そのような商品であると分かったうえで、飲まれると良いと思います。

まとめ

珈琲を飲んで、アレルギー反応を示す人はとても多いです。

しかし、大抵の場合、コーヒーそのものに問題があるのではなく、添加されている別の物に問題があります。

珈琲を飲んでアレルギー反応が出た方は、一度新鮮なレギュラーコーヒーを試されることをお薦めします。( ^^) _旦~~

新鮮なレギュラー珈琲セットは下のリンクから買って頂けます。(^_-)-☆

 

 今回の記事はいかがでしたか?

◆日々、コーヒーや道の駅に関する記事を書いています。(たまに、日常の事も)

読者登録して頂けると、更新の励みになります。よろしくお願い致します(/・ω・)/

  f:id:sugitacoffee:20181021012813j:plain

◆Twitter始めました!ブログでは見れないネタもつぶやきますので、フォローお待ちしております!

◆読者の方からリクエストを募集しています。「珈琲に関して、こんな事知りたいな」と言う物がありましたら、コメント下さい。お待ちしております(=゚ω゚)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です