珈琲の種類

コーヒー粉の保存容器はジップロック等で冷凍庫に。常温保存はしない

コーヒー粉保存方法

コーヒー豆を販売していると、珈琲豆を買っていく人と、珈琲粉を買っていく人の、ツータイプのお客様がいます。

コーヒーミルを買って頂いて、飲むたびに挽いて欲しい所ですが、実際は珈琲粉を買っていく人が大半です。

今回は、珈琲粉にターゲットを絞って、どうやったら傷みやすい珈琲粉の品質を保ちながら、美味しく珈琲粉を保存できるか解説します。

焼立て珈琲粉を手に入れよう

コーヒー豆をコーヒー粉にした場合は、その時点で数倍のスピードで劣化していきます。

コーヒーの表面積は豆と粉では数十倍違うので、表面積が増えた時点で劣化のスピードも加速度的に早まります。

珈琲粉の表面積珈琲豆と珈琲粉の表面積

よって、珈琲粉でレギュラーコーヒーを買う時は、焙煎直後の物を買う事が必須となります。

すぎた珈琲以外で注文後焙煎してくれる有名店は土井珈琲です。

珈琲粉の場合どれくらいの期間美味しく飲めるのかというと、焙煎してから10日が限度です。

珈琲豆の場合は、焙煎から30日くらいは日持ちするのですが、表面積が数十倍になった珈琲粉の場合は、シッカリ密閉した状態の物でも、10日(理想は7日)で飲み切りましょう。

それ以上常温保存していると、美味しくなくなる以前に、コーヒーオイルが腐敗してお腹を壊すなど、健康を害します。

コーヒー下痢
コーヒーは下痢の原因なのか?インスタント珈琲はお腹壊す珈琲を飲んで下痢をする人がいます。カフェインが下痢の原因と思われているが、珈琲豆が古く酸化・腐敗している事が本当の原因です。...

珈琲粉の保存は密閉してジップロック真空容器へ

珈琲粉を買われたときの保存方法ですが、買われたパッケージごと、密閉容器に入れてください。

最近は100均などでも、大きめの密閉容器が売られているので、珈琲粉が入ったアルミ袋ごと、密閉容器に入れ込んでしまうのです。

すると、珈琲粉は二重に密閉されるので、保存状態は格段に良くなります。

アルミ袋は目に見えない小さな穴が開いているので空気が出入りします。

酸素とコーヒーオイルが結びついて酸化するのが腐敗の原因なので、極力空気を遠ざけ真空にするのが珈琲粉保存のコツです。

珈琲粉を使って分量が減ったらアルミ袋を小さく畳んで空気を追い出してください。空気に触れる面積を小さくすると珈琲粉が劣化しにくくなります。

最近では、キャニスターに空気を追い出す機能が付いている物もあります。アルミ袋を畳む&キャニスターを真空状態にすると、随分と劣化を遅らせることができます。

珈琲豆の保存の場合も同じですが、特に珈琲粉の場合は細心の注意を払って保存して下さい。

グラインドコーヒー
コーヒーグラインドとはどんな意味や種類があるのか?珈琲豆を抽出する際はグラインドする必要がある。コーヒーの挽き方は粒度と挽き目の均一性が大切。抽出法でミルを変える事もある。...

珈琲粉の長期保存は冷凍一択

珈琲粉を焙煎から一か月以上持ち越す場合は、冷凍するしかありません。

この場合はアルミ袋ごと、ジップロックに入れて、小さくしてから冷凍庫に入れるといいです。

珈琲粉を小さく畳んでジップロックに


旭化成Mサイズ 45枚[ジップロック/冷凍/冷蔵/解凍]

コーヒーオイルの腐敗を止めるには、冷凍以外手段がありません。冷凍食品は賞味期限がないのです。

特に超低温のマイナス50℃以下になると、食品の品質は殆ど変化しなくなります。

冷凍食品は、店頭でマイナス10℃くらいで売られていますが、出荷前の大きな貯蔵庫では、マイナス50℃くらいで保管されています。

そして、販売店に卸す時に超低温庫から出して、店頭のマイナス10℃くらいの冷凍庫に移すのです。

家庭用の冷凍庫はマイナス10℃くらいにしかならないので、冷凍やけを起こします。

現実問題、二重密閉した珈琲粉でも徐々に品質劣化していくので、半年以内くらいには使い切って下さい。

冷凍珈琲に関しては下記ブログでも書いていますので、よろしければ参考にして下さい。

レギュラー珈琲粉の保存・まとめ

男性客
男性客
焼き立てでもコーヒー粉買ったら早く飲めって事だよね。
マスター
マスター
そうですね。焼立ての珈琲粉でも2週間以内に飲み切って下さい。
男性客
男性客
それ以外の粉は冷凍庫直行な訳ね。
マスター
マスター
小さく畳んで密閉して冷凍庫に入れるのが珈琲粉保存の最善策です。

珈琲粉は劣化のスピードが激しいので以下の手順を守ってください

  1. 焼立ての珈琲粉を買う
  2. 完全密閉して酸化を遅らせる
  3. 新鮮な珈琲粉でも2週間以内に使う
  4. 古い珈琲粉は完全密閉して冷凍保管
マスター
マスター
おすすめの焼立ての珈琲粉です👇

すぎた珈琲では注文後焙煎して当日発送翌日到着を徹底しております(離島除く)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です